無線LANを利用する前に知っておくこと

普段何気なくスマートフォンで無線LANを利用しているという方、多いでしょう。
家に無線LANなどに強い人がいると、無線LANがどのようなものなのか全く理解せず利用されている人も多いです。
無線LANを利用する際に、ある程度の知識を持っておくと万が一トラブルがあった場合に対応できるので、少し知識を持っておくといいでしょう。

無線LANの接続には無線LANの親機と無線LAN子機が必要となりますが、今販売されているノートパソコンなどにはすでに無線LANが利用できるように子機内蔵となっています。
もしも無線LANの子機がないようなら、無線LAN用アダプタという機器が必要です。

通常親機を利用して接続するインフラストラクチャモードという接続を行います。
通常、今販売されている多くの機器は、子機内蔵形となっていますので、子機内蔵のパソコンに無線LANルータ側から中継して接続するという方法をインフラストラクチャモードといいます。

無線LANの接続をしようと思うとき、何からどういう風に接続すればいいのかもわからないという人がいますが、基本的にパソコンと無線LANを接続する場合で、子機内蔵の物であれば親機からパソコンにアクセスする形で接続できるということを考えておきましょう。

こうした接続の知識なども持っておくと無線LANが利用できなくなった時役立ちます。
当サイトは無線LANを設定するときに困らない程度の準備知識を持つためのサイトです。
難しい子とは全くないので、当サイトを参考に知識を得ていただけたら幸いです。

Copyright © 2014 無線LANを設定する際に必要な知識 All Rights Reserved.